2012年09月11日

ありがとうございました

いまさらですが、展示会のお礼など・・・
(とても長文です)

*************************

まずは、ゲストとして参加してくれた
INOさん、くみこさん、真美さん、ナヲミさん。
本当にありがとうございました。

みなさんのおかげで、会場をつくることができました。
実質1ヶ月ないくらいのタイトなスケジュールだったのに
参加してもらえたこと、本当に嬉しかったです。

また機会があれば、ご一緒してくださいね♪

**********************

ご来場、お買い上げいただいたみなさま。
記録的猛暑のなか、本当にありがとうございました。

9月なのに真夏日の札幌、
蔵の中は冷房もなくて、汗を拭きふきだったのに
丁寧にみてもらえて、嬉しかったです。

会期中駆けつけてくれた、友人のみなさん。
土曜日には、プチ同窓会のようにもなり、
楽しかったです。

月曜日には、仕事帰りに寄ってくれた方や
忙しいなかタクシーで駆けつけてくれた方まで!

展示会は、みてもらって完成です。
心からの感謝を!

*******************

そして、今回展示の機会をくださった
ギャラリーオーナーのはやしさん。

展示の依頼をいただけただけでも嬉しいのに
搬入時から会期中と、
細かな心遣いをたくさんいただきました。

伝えきれないくらい感謝しています。

はやしさん、スタッフの皆さま、
ありがとうございました。

*********************

今回の展示会に関わってくださった
すべての皆さまに感謝します。
ありがとうございました!!!

**********************

もう少し、書き残しておきたいことがあります。


展示会開催についてのいきさつなど・・・

************************

今回の展示会は、私にとってはいろいろ挑戦したというか
どうなるかな?という思いの強いものでした。

ことの始めは、はやしさんからのメールでした。
「8/30〜、一階が空いたのですが・・・」と受信したのが
7/17の夕方でした。

準備期間が40日では、無理だなぁと思ったのですが、
返事まで1日ください。とお返事しました。

心当たりにメールで打診しつつ、
やっぱり1ヶ月では無理だよなぁと思っていたのですが。

一晩考えて、やってみようと考えました。
タイトな日程で、どこまでできるか。
会場を埋めることはできるのか。
広報はほとんどできないけど、お客様はきてくださるのか。

不安ばかりでしたが、
「します」と言ってしまったし!と、
良いほうに開きなおることにしました。

***********************

思ったとおり、合同してもらえないかとの打診には
ことごとくお詫びをいただき・・・

それはそうですよね。

とにかく、内容が決まらないまま
とりあえずフライヤーは作らなくては・・・

という事で、苦肉の策で決めたタイトルが
『SAC CHANCEUX』でした。

一応、フランス語で「福袋」の意味だと思うのですが(汗)
ネットの翻訳機能で検索しても
「福袋」に当るフランス語は無いようでした。

それで、一度英語に翻訳し
福袋 → lukky bag → sac chanceux
という変換を信じて、タイトルに。
実は、読み方も判らなかったのです(笑)

SAC CHANCEUX は「福袋」です
何が入っているのか、開けてみてのお楽しみ♪
studio未来のがま口と
ゲスト作家さんの楽しい「何か」をお届けします


というコメントも、フライヤーを依頼した時点での
実感そのままです。
まったく何も決まっていなかったのですよ。

********************

そんな時に「ちっちゃいもの店」に参加していまして。

会期中に会場に顔を出したときに
INOさんと遭遇しました。

「ねえねえ!」と言い出したのが、どちらだったか
INOさんも主催イベントの参加者を探していて
じゃ、お互いに協力しましょう!ということに。

その後、INOさんから、
わもんようさんに連絡してもらい・・・

3人ならなんとかなりそう!と、一安心。

さらに、たまたまいただいたメールから
「とりたま」をゲットし、

お茶会で、ジュニパーさんをくどき。

大勢が決まったのが、8/7でした。

***********************

開催のメドがたった後はイベント主催者として、
あれやこれやと事前にしておくことがありました。

考えられることをまとめて「ガイドライン」を作ったり、
ブログでゲストさんの紹介をしたり。

それでも至らない点は多々あり、
ゲストの皆さんに助けられながらの準備でした。

もちろん、がまぐちも作らなくては・・・。
それでも20点近くの新作をつくりました。

「イベントの主催」をどこまでできるか?というのが
今回の展示会の、私のもう一つのテーマでした。

***********************

結局、始まってみると
記録を更新し続けた歴史的な猛暑の日々。

さすがにお天道様にはかなわず、
ご来場数は、決して多いとはいえませんでした。

が、来てくださった方は
みなさんいつもに増して、じっくり見てくださった
気がします。

とにかく、会場を作ることができたことに
感慨深いものがありました。
私としては、心の中で小さくガッツポーズ、
という心境です。

********************

ロンドンオリンピックに望む、競泳の北島選手が
何かのインタビューで
「金メダルを取るだけなら、北京で終わってる。
 今回は、自分なりに目標もあって
 金メダルが取れなかったことは悔しいけれど
 有意義なオリンピックだった」
というようなことをおっしゃってました。

オリンピックと一緒にしていいものかは
判りませんが、
気持ちはなんとなく判る気がしました。

*********************

2010年から、studio未来としての活動は
ほぼ停滞していた時期があり、
2011年も、がま口はあまり作っていませんでした。

2011年の末頃から、すこしずつ作ることができるようになり
今年の春は無謀なくらいのイベントに参加し、
5月のアムチョコさんで、
ようやく復活できたかなと思うことができました。

そして、今回の展示会で
また一歩進むことができたように感じています。

10月末までに、3つのイベントに参加します。
また少しずつ進むことを目指して!

(長文にお付き合い、ありがとうございました)

posted by 未来 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示会ルポ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58173371
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック